<   2005年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧


巨大タコに腰をギュウギュウ締め付けられている夢を
見て目覚めた。腰が痛い。
それから1時間ほど、いつもどおり断続的な痛みが続く。
また前駆陣痛かぁ、と残念に思いながらお手洗いに立った
ところ、少量の出血が。
これがおしるしってやつか!と感激した。

おしるし とは、子宮が緊縮して卵膜がはがれることに伴う
出血のことらしく、お産の近いサインだとか。

腹部の痛みや耐え難い腰痛に悩まされること数週間。
もう一分一秒も早く産んでしまいたい。

自宅周辺には、全くと言っていいほど飲食店が無い。
しょぼくれたラーメン屋が一件あるだけ。その名もリバーサイド。

散歩中、幾度も目にしていたが、あまりにしょぼくれた外観のため、
入る気が起きなかった。だが昨日の午後、なんとなく興味を
そそられ、入ってみることに。

店内はカウンター席のみ。こう言っちゃなんだが薄汚い。
客は、日雇い労働者のような風体をしたオジサンが二人と、
大仏パーマのとれかけたオバチャンが一人。
席に着き、550円のラーメンを注文して様子を窺う。

オジサン方は餃子か何かをつつきながら、ビンのチューハイを
コップに注いで飲んでいる。大仏パーマは定食を前に、保険に
ついて店員のオバチャンと熱く語り合っている。
「やっぱりなんだかんだいって、掛け捨てでも共済が安くていい
わよ!月々2千円よ!」 なんて大声で喋っている。

目の前では、おじさんが一人ラーメンを作っている。素人目にも
手際の悪いのが分かる。
ラーメンを出され、食べてみる。醤油味だが、どういうわけか
鰹だしの味が濃厚だ。厨房の棚を見ると、かつおだし(粉末)の
でっかい缶が置かれていた。ああ、あの味か・・・とちょっと複雑な
気持ちになる。

ラーメン自体はおいしくもなければまずくもない味で、なんとも
表現しがたかった。やる気のない味、という形容がピッタリする
感じだ。

店を出るときも、他の客は相変わらずチューハイを飲み、保険か
何かの話をしていた。

休日のけだるい午後に相応しい店だった。
また行きたいとは思わないが。
by jiubao | 2005-10-30 15:26 | 雑記

子どもが産まれたらきっとビデオを撮りたくなるだろう
ということで、デジタルビデオカメラを購入する計画を
立てている。

機能や価格を比較して、いちばん欲しい物を決めたの
だが、いかんせん高い。
夫は毎日 価格ドットコム で値下がり具合をチェックしている。
一日数百円下がるのを見ては、ホッとする毎日。

もうちょっと安くなるまで赤ん坊には胎内にいてもらわんと、
と思いそうになるが、妊婦健診1回で診察料4000円
かかることを思うと、早く産まれてもらったほうが断然お得
なのである。
by jiubao | 2005-10-29 20:14 | 雑記

昨晩も 「今晩中に産むぞ~」 と宣言してから床についた。
毎晩言っているので、だんだんと声に覇気が無くなってきて
いるのが自分でも分かる。「どうせダメだろうけど」 という
ケシカラヌ考えが芽生えてきているのだ。

だが午前1時頃、なんとなく違和感を覚えて目が覚めた。
お腹が張って痛い。
陣痛?と思うが、「いやいや。たまたまかも知れないぞ」 と
自分を戒める。だが30分後、更に20分後、ちょっと強めの
痛みがきたときは期待に胸がふくらんだ。

そうなると、もういてもたってもいられなくなり、台所をウロウロ
したり、スクワットしたり。1時間ほどしてまた蒲団にはいると、
今度は10分おきくらいに痛みがきた。息もつけないほどの強い
痛みが何度かたてつづけにある。
「やや!これはいよいよホンモノの陣痛到来か!」
と半ば不安になりながらも期待に胸を躍らせつつ時間を計る。
そのうち痛みの間隔が5分ほどになった。

もうここまでくると、陣痛と確定して良いだろう。いつ夫を起こし、
病院に連絡しようかと思案する一方で、大変なことに気づいた。
この調子だと、病院に行ったらすぐ分娩室行きで、陣痛室で
チョコレートを食べるヒマが無いかもしれない!

陣痛の合間に食べようと、私は既に何種類かのチョコレートを
購入していたのである。せめて一種類だけでも食べたい。
はてさて病院にはどのチョコレートを持って行ったものかと思い
悩んでいたら、あろうことか、あれよあれよという間に痛みが
遠のいていった。

それから5分待っても10分待っても、痛みはこなかった。
先ほどまでの痛みはどこへやら、私のお腹は凪いだ海のように
平穏安らかである。
「そ、そんなぁ~~~」 と打ちひしがれながらもお腹をさすり、
「はよ産まれてええんやで」 と胎児に小声で話しかける。
しかし、反応はない。ぐっすり寝ているのだ!!

呆然とするとともに悔しさがこみ上げ、涙がぽろりと出た。
涙は出始めると止まるところを知らず、私はそのまま蒲団の中で
オイオイと泣き始めた。

ついには寝ていた夫をたたき起こし、
「さっきまでお腹痛かったのにな、もう痛うないんや!陣痛やと
思たのに、ちごたんや!ズルッ(鼻の音)」 と訴えた。
「ぁ?うん」 と夫。
「もう妊婦にはこりごりなんや!コリゴリ!コリゴリ!!」
「でもさぁ、まだ予定日にもなってないんだよ」
寝起きなのに、モットモな事を言う。
「そんなことは分かっとる!でももう私は妊婦でおるのがイヤ
 なんや!コリゴリなんや!はよ カアチャンになりたいんや!」

何度か不毛なやりとりをした後、夫はまた寝入ってしまった。
怒りのやり場を無くした私は、起きてチョコレートを食べた。

美味しかった。

子宮口が開いてきたというので、がぜん張り切り始めた。

雑巾がけをすると安産になるというのをものの本で読んだので、
今までも雑巾がけはせっせとやっていたのだが、それに拍車が
かかった。
今日は午前中ずっと雑巾がけ。全ての部屋の床を狂ったように
拭いてまわる。かつてこれほど執念深く雑巾がけをしたことが
あっただろうか。

おかげでぐっすり昼寝できた。

今日産む明日産むと言いながら、また妊婦健診の日が来た。

尿検査・問診・診察の順。
尿・血圧いずれも問題なし。母子ともに体重ほとんど増減無し。
ただ、子宮口が1~2㎝開いているという(全開で10㎝)。
担当医から 「もうすぐですね」 とのコメント。

今晩中に産む!と無駄に吠え続ける日々にもうすぐ終止符が
打たれるのかと思うと、ものすごく嬉しい。

食い意地が張ってきた。
特に、甘い物に対する執着が強い。

スーパーに行くと、お菓子売り場の前でウロウロ。
「太ると難産になる!」 と自分に言い聞かせて振り切って帰る
のだが、家に帰ったら帰ったで、生協のチラシのお菓子欄を
見ては生唾を呑み込む始末。

なぜこれほどまでに甘いお菓子に心惹かれるのか、自分でも
不可解なほどだ。

お菓子の代わりに果物等を食べるように心がけてはいるが、
「もうええわい!」 と開き直り、爆発的に食べ始めるのも
時間の問題のような気がする。
by jiubao | 2005-10-23 09:10 | 雑記

昨日、三重県の女性が、出産直後の女児を病院に置き去り
にしたというニュースが流れていた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20051019i315.htm

テレビの報道によると、彼女は家族に 「子どもが産まれそう
だから病院に行く」 という旨を伝え、自分で車を運転して家を
出た後、河川敷で一人で子どもを産んだという。
そして再び自分で車を運転して奈良県の病院まで行き、
産み立ての赤子を置き去りにしたとか。

そのニュースを見た私は、ただただ仰天するばかりだった。
赤子を 「育てられない」 として捨ててしまったことはもとより、
陣痛が始まった中、一人で車を運転し、更に一人で産んでしまう
とは!しかも河川敷で!なんたることであろうか。
しかも、昨年も同じようにして一人で赤子を産み、病院に置き去り
にしていたという。

彼女の家には既に7歳から2歳の子どもが4人いるという。
5人目からは一人でホイホイ産めるものなのだろうか。

初産で毎日ハラハラしている私にとっては信じがたいニュース
であった。
by jiubao | 2005-10-22 17:32 | 雑記

病院の待合室で 「たまごクラブ」 を読んでいたところ、
興味深い記事があった。

妊婦の耳鳴りについて書いた箇所である。
そこでは、妊婦が耳鳴りや耳が聞こえにくいなどの不快感に
悩まされることの原因について説明がされていた。

私は妊娠6ヶ月頃から最近までずっと耳に水が入って
しまったときのような聞こえにくさがあったのだが、あまり
気にしないうちに収まっていた。

だから、その記事を見たときは 「あれは妊婦特有の症状
だったのか!」 と驚いた。
どうやら、妊娠して黄体ホルモンが増加することで、耳の
血管がどうにかなって耳鳴りなどの症状が起こるらしい。

なんやらよう分からんけど、黄体ホルモンってすごい!
と思った。

妊婦健診。もう臨月なので、今回からは週一の健診になる。

今日の病院もなかなか混んでいる。
一時間待って問診。
尿・血圧ともに問題なし。先週行った血液検査も問題なし。
体重は若干増加。
助産師さんに 「早く産んじゃいたいんですけどね~」 と
ため息混じりに言うと、彼女はフフフと笑い、「初産はそう
思い始めてからが案外長いのよ」 と怖ろしいことを言う。

私が夜中に 「すわ、陣痛?!」 と思うたび起きて身体を
動かしていることを言うと、昼間なら身体を動かして良いが、
夜ならゆっくり寝たほうがよいと言われた。
母体が疲れると微弱陣痛になり、お産が長引いてしまうらしい。
危ない危ない。

医師の診察では、胎児や子宮の様子を見る。
胎児は2880gにまで成長していた。エコーで顔を見せて貰った
のだが、たらこ唇のオジサンみたいな顔に見え、軽くショック。
雑誌などで生まれたての赤ん坊を見ればみんな一様に中尾彬
みたいな顔をしているので、そんなものだろうと思ってはいたが・・・。

医師によると、胎児も母体も状態は良いので、あとは陣痛を待つ
だけらしい。
こうやって、今日も無事妊婦健診は終わってしまった。

健診に来る前、「病院で破水してそのまま入院、すぐに陣痛が来て
驚異のスピードで子宮口全開、一回いきんだらスポーンと赤子が
飛び出しおぎゃー!なんてね・・・」 と妄想していたのだが。
世の中そう甘くないらしい。