<   2005年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧


今年のゴールデンウィークは、最大10日間休みになる
らしい。

といっても、まだ妊娠初期の私は旅行などに出かけるわけ
には行かず、もっぱら自宅で休みを過ごすことになりそうだ。

そこで、近所のレンタルビデオ店で数本ビデオを借りてきた。
早速見たのは 「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」 。
これは映画館で見たこともあり、ビデオでも見たのだが、
今回も泣いてしまった。

連休中、暇している方にはオススメの映画である。
by jiubao | 2005-04-30 23:03 | 雑記

三ヶ月ほど前に購入したガーベラが、最近息を吹き返した。

購入時にはピンク色の綺麗な花を咲かせていたのだが、
鉢に植え替えて3週間も経った頃、急激にしおれていったのだ。

土の表面が乾いたらマメに水もやっていたし、日当たり
の良い窓辺に置いていたのになんでだろう・・・。

と哀しい気持ちになっていたのだが、余分な葉を除き、
花びらも綿毛も無くなった茎を除いてしばらく放っておいたら、
いつの間にか新しい花が首をもたげていた。

花の世話なんてしたことなかったし、もうアカンやろ。
ガーベラは初心者には難しかったんや。きっと。

と諦めていた矢先だったので、非常に嬉しい。
日一日と色づいてくる花を見ると、風の冷たい日でも春を
感じ、気持ちが浮き立つようだ。

ガーデニングにはまる奥様方の気持ちが分かる気がした。
by jiubao | 2005-04-27 23:26 | 雑記

三週間ぶりの健診。
最初に尿検査をした後、体重・血圧を測定する。
結構たくさん食べているのだが、体重の増加はまだ
見られない。血圧は低め。

血圧を測った看護士さんが質問は無いかと訊いて
くれたので、羊水検査は必ずせねばならないのかと
訊いてみた。
すると、希望者だけ検査しているとのこと。安心した。

その後、担当医による診察。
また赤ちゃんを見せてもらった。
赤ちゃんは体長約6センチにまで成長し、お腹の中で
腕を前に出し、さかんにバタバタさせていた。
こういっちゃ何だが、シルエットといい、動きといい、
ミジンコを彷彿とさせる。

担当医が映像を指しながら、
「これが左腕で、これが右腕ですね。」
「ここが頭で、目・鼻・顎となってます。」
と丁寧に説明してくださる。

腕がちゃんと2本あり、目も鼻もついていることが判明し、
本当に安心した。

診察はこれまでで、後は血液検査をして帰宅。
血液検査では、HIV、梅毒、トキソプラズマの抗体などを
調べるらしい。これで、先天性異常があるかどうか分かる
らしい。4週間後の健診の際に結果が知らされるそうだ。

不安だが、あまり気にせず気楽に待とうと思う。

出土資料関係の研究書が4月20日に出版された。

浅野裕一編 『竹簡が語る古代中国思想―上博楚簡研究―』 汲古選書42 

同日、新書でこれが出版。

浅野裕一著 『古代中国の文明観―儒家・墨家・道家の論争―』 岩波新書 

一般向けなので挿絵などが豊富。かなり楽しめる。

東京に引っ越してから長らく研究から遠ざかってしまっていた。
これらを読んで又仕切り直したい。

妊娠3ヶ月を越えたが、食べ物のニオイが気になって
食べられなくなるというつわりはまだない。

知り合いや友人は、食べ物のニオイに敏感になり、
すぐ気分が悪くなって吐いたり、特定のもの以外は
食べられなくなったりしたらしい。

私はキムチのニオイを嗅ぐと胸が悪くなる以外は
特に何もなく、モリモリとご飯を食べる毎日である。

ただ、やけに眠く、1日15時間ほど寝てしまうことも
多々ある。これもつわりの一種らしい。

食べられなくなるよりだいぶん楽でいいのだが、
度々電車を20分以上乗り過ごしてしまうのがツライ。

暖かくなってきたので、冬物衣類をクリーニングに出す
ことにした。あれこれと冬物衣類をかき集めていて、
その時着ていたニットも脱いで袋に入れ、店に持って
行った。

店で紙袋から衣類を出すと、おばさんが服を裏返し、
取り扱いタグを一着一着確認していく。セーターや
カッターシャツ、そして出かける前に脱いで持ってきた
私のニットも裏返された。
・・・ニットを裏返したら、ババシャツが出てきた。

ニットと一緒につるりと脱いでしまっていたのだ!

あ、あぁ~!

私は情けない叫び声をあげ、

「それは自分で洗います」
とおばさんから半ばひったくるようにしてババシャツを
受け取り、お金を払って逃げるように店を後にした。

久々に恥ずかしい思いをした。
by jiubao | 2005-04-20 12:22 | 雑記

中国でまた反日デモがあったらしい

バイト先の中国人にどう思うか聞いてみると、

中国人の中でも低所得でヒマな連中が何の考えもなしに
騒いでいるだけ。中国にはあんな輩ばかりがいると思われ、
迷惑千万だ。

というようなことを言う人が大半。
しかし、日本が戦争責任について明確な態度をとらない
ことにも責任があるという人もいた。

なので、「日本は既に中国に対して謝罪しているんだけど、
中国ではそれが報道されないのよね・・・」と言ってみたところ、
謝ったことあるの?!と仰天していた。

村山首相がちょっとお気の毒だった。
by jiubao | 2005-04-17 22:09 | 雑記

私のバイト先は数ヶ月前に開校したばかりの中国語教室
なので、今まではあまり生徒がいなかった。
だが、3月から4月にかけて順調に生徒が増えつつあるらしい。
お陰で、私もマンツーマンのみだけでなく、今月からは初級の
セミナークラスをも担当するようになった。

現在は2クラス担当している。
一つは自分で発音の基礎から教えるクラス、もう一つは、
中国人の先生が発音を教えていたクラスだ。担当していた
先生が異動したので、私が後を継ぐことになったのである。

この二つのクラスを比較してみて、気づいたことがある。
中国人の先生が教えていたクラスでは、発音がきちんと
教えられていないのだ。

おそらく、中国人の先生だと生徒の発音が違うことは
分かっても、舌をどの位置に置けば良いかとか、口の形を
どう変えるべきかまでを指導することが難しいからだろう。
母国語を喋る場合には、あまり舌の位置や口の形を
意識しないため、仕方がないことではある。

中国語はネイティブである中国人から学ぶ利点のほうが多い
だろうが、そのクラスを担当して以来、初歩の発音に限っては、
あながちそうとも言い切れないと思った。
中国語教室における自分の存在意義が再確認され、ちょっと
ホッとした。
by jiubao | 2005-04-15 23:22 | 雑記

最近、出産にまつわる痛みに対して恐怖が増大してきた。

テレビのドキュメント番組で実際の出産シーンが放送
されているのを観て以来だ。

私にとっては妊娠も出産も初めての経験なので、様子が
分からないぶんだけ恐ろしい。
ここ数日、一番懼れていたのは羊水検査。

羊水って、どうやって採取するんだろう?

という疑問がわき上がり、ネットで調べてみたら
このページを発見した。

http://iden.umin.jp/yousui.html

は、腹に注射針を刺して採取するんですか?!
ブスッとですか?!

もうこの絵を見ただけで半泣き状態である。

出産経験のある友達に急いでメールした。
羊水検査でお腹に注射針刺した? と。

嬉しいことに、答えはNoであった。
これでだいぶん気分は落ち着いたが、念のため次回の健診
ではお医者に質問してみようと思う。

昨晩、電灯を消して目を閉じたら微かな羽音が聞こえた。

プィ~ン

蚊だ!こんな早くに出現するとは!
電灯を点け、ヤツを探す。
夫は早くも片手にキンチョールを構えている。
メガネまでかけている。

私も倣ってメガネをかけ、布団叩きを持って来た。
発見したヤツを布団叩きで部屋の隅に追いやり、
夫がそこにスプレーを噴射する。
素晴らしい連係プレー。
果たせるかな。蚊のヤツは存在を確認されてから5分後に
あの世行きであった。

勝利の喜びをかみしめつつ、空気中に漂うキンチョールの
噴射液を拡散させてから寝ようとふすまを開けた。
で、「たまごクラブ」を読んでいたら・・・・

ぷぃ~ん

おのれ、まだおったのか!!!
再びメガネが装着され、戦いは繰り広げられたのであった・・・。
by jiubao | 2005-04-11 21:00 | 雑記