人気ブログランキング |

カテゴリ:結婚準備( 27 )


巨大タコに腰をギュウギュウ締め付けられている夢を
見て目覚めた。腰が痛い。
それから1時間ほど、いつもどおり断続的な痛みが続く。
また前駆陣痛かぁ、と残念に思いながらお手洗いに立った
ところ、少量の出血が。
これがおしるしってやつか!と感激した。

おしるし とは、子宮が緊縮して卵膜がはがれることに伴う
出血のことらしく、お産の近いサインだとか。

腹部の痛みや耐え難い腰痛に悩まされること数週間。
もう一分一秒も早く産んでしまいたい。

新生児用の肌着を購入した。
肌着のあまりの小ささになぜか涙ぐんでしまった。
新生児用なので、小さくて当たり前なのだが。

これを着た赤子が成長し、
「ちょっとお母さんシッカリシテヨ!」
なんて言うようになるのだろうかと想像しては
しみじみとする。

そんな私のセンチメンタリズムを知ってか知らでか、
胎児は今日もお腹の中でキック&パンチを繰り出している。

結婚式の受付を、姉にお願いした。
結婚式が終わってから、姉が
「ゆう子、向こう方に辣腕のおばちゃんがおったぞ」
と目を見張っている。
新郎方のおばちゃんが、受付を仕切りまくっていた
らしい。

そこで後日、新郎のご両親に
「受付がそちらのご親戚の方にお世話になりまして・・・」
とお礼を言ったところ、
「え、あれ久保さんとこのご親戚かとばかり・・・」
との返事。

みんなの頭に「?」が点灯した。
どう見ても列席者の服装で、結婚式場の方ではなかったし・・・

あのおばちゃんは、一体誰だったのだろう。

披露宴の司会は、義兄にしていただいた。
義兄は司会の経験がなかったにもかかわらず、快く引き受けて
くださり、感謝することしきりであった。

義兄はコテコテの大阪人で、普段はコテコテの大阪弁を使って
いる。だが、披露宴では標準語を操っていたのが新鮮だった。
「お祝いの言葉をたまわりありがとうございました」
と、これだけのフレーズを標準語のイントネーションで喋るだけで
別人かのように錯覚する。

披露宴が終わってから、
「おつかれさま~。おめでと~。」
と大阪弁に戻った義兄。
なんだか安心した。

結婚式では、朝から母が泣き通しだった。

母は、姉や私がまだ小学校に上がる前から、
「お母さんはな、あんたらを大学にやって、お嫁にやるために
 働きやんねで」
と口癖のように言っていた。
姉は3年前に結婚し、そして今回私が結婚式を迎えたということで、
感慨もひとしおだったのだろう。

このように、ただでさえ新婦の家族は結婚式では気分が泣きモード
に入りがちだ。そこに、カウンターパンチを与えてしまったものがある。
Sandy Lam(林憶蓮) の曲である。

和装の後、洋装に色直ししたのだが、その入場の時にSandy Lam
の曲をかけた。
父と母は、色直しした私を見て胸に迫るものがあったばかりか、
この曲を聴いて余計に泣けたらしい。
後で姉が 「あの曲はアカン!」 と目を赤くして言っていた。
気に入らなかったのかと思いきや、そうではなく、ただでさえ寂しい
気持ちを曲が煽ったのだそうだ。

ちなみに、この時かけたのはSandy Lamの
「屬于我」 と 「等你說愛我」 の二曲だった。

選ぶときは、歌詞と曲の雰囲気で
「これ、ええんちゃう」
と案外いい加減に決めたのだが、音楽がこれほど威力を発揮するとは
思わなかった。
お陰で私ももらい泣きしてパンダ目になってしまった。

結婚式では、白無垢・色打ち掛け・白ドレス の三着を着た。
驚いたのは、白無垢の重さ。歩くときは、両方の袖を片手の
親指と人差し指ではさみ持つのだが、あまりの重さに、手が
ブルブルと震える。
だが、記念写真を撮るときは眉根に皺を寄せてはなるまいと
ニッコリ。

和装から白ドレスに着替えたときは、文字通り肩の荷がおりた。
ドレスが大きいので、姉から借りたでっかい腹巻き状のものを
身体に巻き付けた。しかも二枚重ね。
お陰でドレスはピッタリになったが、困ったことが一つだけあった。

高砂に座って無心に好物の茶碗蒸しを貪っていると、
姉がやってきて
「ゆう子、見えとる、見えとる!」
俯いてみると、ドレスの胸元から肉色の腹巻きがコンニチワして
いるではないか。ありゃりゃ。

ソワソワとドレスを直しながらも茶碗蒸しを頬ばる。
腹巻きが見えてしまっても、茶碗蒸しを平らげることができて
非常に満足だった。

11月22日は 「いい夫婦の日」 だそうだ。
縁起がいいので、この日に入籍しようということになった。
だが、区役所に行って驚いた。

戸籍謄本が要るというのである。

ドラマなどでは、サインしてハンコ押して 
「これで夫婦ね!」
なんてやっているが、あんなことはあり得ないのである。

また一つ勉強になった。
結婚式が終わった。
準備は大変だったが、やって非常によかったと思う。
だからといってもう一度やりたい、とは思わないが。

b0004958_22402424.jpg


持ち帰ったブーケ。
花瓶がないので、炊飯器の釜に活けた。
きれ~い

結婚式で出す食事のメニュー、表記が面白い。

有名なのでは「するめ」が「寿留女」となっており、
「カジキ」は「家事喜」、「蛸」は「多幸」。
そして「御焼き物」は「御家喜物」。

このおやじギャク的センスにぐっときた。

席次表を作成した。
新郎が凝り性で、席次表にごあいさつ・自己紹介からメニュー表
まですべてを盛り込みたいといいはじめた。

今日夕方に席次表を式場に提出予定なのに、午後から自己紹介
用の写真をデジカメで撮り、パソコンで加工してプリンタで出す。
50部を出すのだから、かなりの時間を要した。
印刷ほやほやのそれらを抱えて結婚式場にかけこむ。

式場料金等も同時に支払い、一安心。
しかしまだ、式を待つのみということにはならない。
これから更に細々とした調整が必要らしい。
しばらくこの気ぜわしい状態が続きそうだ。