人気ブログランキング |

カテゴリ:子連れグルメ( 7 )


サイゼリアに行ってみた。

本当に安くてビックリ。
でも、それなりの味。
ただ、ピザは美味しかった。

娘二人はあまり食べず、長女はサラダと
コーンスープ、次女はフォカッチャのみ。
結局、帰宅してから食事を作る羽目に。


ところで、店に入るなり、店員さんが
子供用の椅子を出して下さったのは、
感じが良かった。

だが、長女を座らせようとしたら、なぜか拒否。
いつ気分が変わるか分からないので、
とりあえず私が子供用椅子に座り食事。
結局、最後まで長女が大人の椅子に座り、
私が子供用に座っていた。

でも特段の違和感を感じなかった。
最近の子どもって、体格いいから・・・って
ことにしておく。

スキップキッズは、子どもを遊ばせながらお茶やランチが
楽しめるという、ママには理想的なお店。
食事の席から子どもの遊ぶスペースが見えるし、遊び
スペースには保育士さんがいるので、ちょっと目を離して
も安心。

まだ3回ほどしか行ったことはないが、娘はここのボール
プールが楽しいらしく、1歳半を過ぎてからは夢中になって
遊ぶ。それ以前は、母から離れて遊ぶのが不安らしく、
しょっちゅう「まま~」と呼んでいた。

お昼時は混むので予約して行くのがベター。

ららぽーとTOKYO-BAYは、京葉線南船橋駅から徒歩5分ほどの
ところにある、巨大なショッピングモール。

建て増しを繰り返したせいか、建物の構造がが非常に分かり
づらい。そして、地図などの表示が少ないので迷いやすい。
3回行ったが、3回とも迷った。

アカチャンホンポや子ども向けの店舗が多く入っているため、
子どもの遊び場には事欠かず、子連れには非常に便利。

レストランも、子連れで入りやすいところが多い。
ららぽーと豊洲にもあるラケルは言うまでもなく、お好み焼き屋
の有賀藤、天ぷら屋の天はなも入りやすい。座敷があるのが
ポイントだ。それに、何も言わなくても、子供用の食器を出して
くれるのが嬉しい。

子どものおやつに、東京パン屋ストリートでパンを買うのもいい。
一個200円のメロンパンはしっとりとしていて非常に美味しく、
1歳9ヶ月の娘は一人で丸々1個平らげた。

車で行くと、行きか帰りに必ず渋滞に巻き込まれるので、
荷物が少なければ、電車で行くほうがいいかもしれない。

ららぽーと豊洲は、子連れに絶大な人気を誇るショッピングモール。
ウワサには聞いていたが、行ったことは無かった。
バーゲンに誘ってくれたママ友達と一緒に初めて行った。

行ったのは7月はじめの平日だったので、空いていた。
通路は広々としており、娘をベビーカーから下ろして歩かせても
あまり通行の妨げにはならない様子。嬉しい。

ショップはやはり親子連れをターゲットとしたものが多い。
大人の服や子供服はもちろん、マタニティまで揃う。しかも
バーゲンだったためか、かなりお安い。

昼食は ラケル というオムライス屋さんでとる。
キッズメニューが何種類かあるので試しに注文。
小さなオムライスとハンバーグ。それにプリンとドリンクがつく。
味はかなり濃い目。
おもちゃのプレゼントもあった。3種類から選べるのだが、
どれもピンとこないので、とりあえずサングラスを選んだら、
コレが大ヒット。

b0004958_0371737.jpg

娘も結構気に入った様子。

楽しかったのでまた行きたい。
ママ友達と舞浜のイクスピアリに行った。
http://www.ikspiari.com/

舞浜の駅を出て右に行けばデ○ズニーランド、左に行けば
イクスピアリ。非常に便利。

イクスピアリは巨大ショッピングモールで、ファッションや雑貨、
飲食の店舗が主だが、映画館も併設されており、若いカップルが多い。
子連れもターゲットにしているらしく、フロアによっては子供服や
おもちゃのショップが軒を連ね、子どもの遊ぶスペースも多い。

久しぶりのウインドーショッピングで、私のアドレナリンは出っ放し。
娘を横目で見つつ、気に入った商品を食い入るように見つめ、
物欲と戦い続ける。
一緒に行った友達は、すでに何度か来たことがあるらしく、平常心
で子どもと遊んでいた。

そうこうしている間にお昼。昼食は地下のグルメフロアでとった。
平日だというのに混んでおり、ベンチで弁当を食べようと思って
いたらあてがはずれてしまった。確実に座れるレストランを
選択すべきであった。

娘は興奮して昼食どころではなく、あちこちを歩き回り、店員
に笑顔を振りまいていた。

初イクスピアリは非常に慌しかったものの、楽しめた。
また行きたい。

食べ歩きの好きなママ友達に連れて行ってもらった
おかん茶屋。
江戸川区は新田のコミュニティー会館そばにある。

店名から分かるとおり、「おかん」が営業する定食屋。
どれも家庭の味で、ホッとするひと時が過ごせる。
リーズナブルなのもよい。
屋外の席もあるので、季節のいいときは外で食べる
のが気持ちよさそう。

ただひとつ残念なのは、禁煙席が無いこと。
子連れが多いにも関わらず、平気でタバコを吸う、
意識の低い熟年の多いのが嘆かわしい。

子連れでも行きやすい飲食店を紹介しようと、
カテゴリ「子連れグルメ」を追加しました。


さて、第一弾は過橋米線という雲南料理の店。
中国で知り合った方々との新年会に利用した。

雲南省に旅行したことがあるので、実のところ、料理には
あまり期待していなかった。
ところがところが、日本人の口にあわせて調味している
せいか、非常に美味しかった。
雲南では決して食べられない、美味しく豪華な雲南料理の数々。

値段も手ごろなためか、店内は非常に賑やか。店員の
お姉さんは中国人とは思えないくらい愛想がよく可愛らしい。

小さいとはいえ、座敷があるので子連れでも比較的楽だった。
また行きたい。