メイド喫茶


北京時代の友人S、Tと会った。
場所は秋葉原CUREMAID

3人ともこういったメイドカフェに入るのは初めて。
メイドカフェ というと、メイド服を着た巨乳の女性が
「おかえりなさいませ ご主人様」 と言って出迎えてくれる
というのが私のイメージだったのだが、ここは、ウエイトレスの
制服がメイド服というだけの、ごく普通の喫茶店だった。

メイド服は、紺の長袖ロングスカートに白く長いエプロンをつけ
たもの。更に頭にヒラヒラの付いた白い布を巻いて(?)いる。
「メイド服ってミニスカートなのかと思った」
と私が素直な感想をもらすと、
「ミニスカートだとフツーのウエイトレスになっちゃうんですよ」
とS。なるほど。

お客には、案外女性が多い。
カップルもいるのには仰天した。
まあ、みんな我々と同じでネタづくりのために行ってるのだろう。

過剰な期待を抱いて行くとガッカリするが、滅多に見られない
姿のヒトを見ることができて面白かった。
[PR]
by jiubao | 2005-07-21 00:21 | 喫茶店