<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


天気が良かったので、お友達と一緒に臨海公園に行った。
公園内を歩き回り、娘たちを遊ばせた後、ちょっと豪華な
ランチをとろうということになり、園内のホテルへ。

案の定、娘はほとんど何も食べず、テーブルを離れて
ロビーへ脱走
平日ということで人もおらず、迷惑をかけそうになかったので、
私はレストランに戻り食事に専念。

しばらくして様子を見に行ったら、娘は椅子に座って何かを
真剣に読んでいる。横から覗き込むと、クーポンマガジンの
ホットペッパーであった。ロビーの片隅に置いてあるのを
持ってきたらしい。
何が面白いのだろうと見ていると、娘はペラペラと訳知り顔に
ページを繰り、「両脇完全脱毛!」と書かれた広告を示し、

「ママ、コンドココニイコウネ!」


なんちゅう2歳児か。
[PR]
by jiubao | 2008-04-23 23:19 | 育児

昼前、娘と一緒に近所のスーパーにおでかけ。
帰り道、娘はしゃがみこんでアリの巣を棒でつつき続け、
動こうとしない。
何を言っても動こうとしないので、抱き上げると

「あるくの~!」

と言って泣く。どうやらお腹がすいたらしい。
空腹を満たすためには一刻も早く帰宅し、食事を摂るのが
一番だと諭すのだが、そんな道理を説いても娘はだだをこねる
ばかり。

暴れる娘を抱き、家の近くの公園まで運んだ。
しかし、相変わらず歩こうとせず泣き続ける娘。再び抱こうと
すると頑強に抵抗するので、ちょっと離れて物陰から観察。
私の姿が見えなくなれば、だだこねるのをやめて歩いてくる
かと予想したのである。

だが娘はなかなか泣き止まない。
すると、すぐに近くの工事現場からおじさんがやってきて
仲間を呼び、「母親はどこだ」的な会話をしている。

やおら物陰から飛び出し、謝る私。
そして娘をねじ伏せ家まで運んだ。

もー!恥ずかしいったらありゃしない!プンプン

しかし、泣く子を心配して駆けつけてくれる人が複数
いるなんて、まだまだ世の中も捨てたものではないと思った。
[PR]
by jiubao | 2008-04-22 01:07 | 育児

近隣居住者対象の割引を使って、お友達とディズニーシーに行った。

割引期間中なだけあって、とても空いている。広い園内のあちこちを
いろんなディズニーキャラクターがうろついている。
人気のあるキャラクターには人が群がっているが、そうでもない
キャラクターだと、遠巻きに見ているだけ。ちょっとかわいそう。

娘はアヒルの女の子(デイジーというらしい)やミニーに向かって
走っていき、さわりまくっていた。頭をなでてもらって嬉しそうに
している。
滅多にないことだから記念写真を撮るよと言っても、娘はキャラクター
にかぶりつきだったため、背中しか写らず。

私は、今まで、ミッキーやミニーをかわいらしいと思ったことはないにも
かかわらず、着ぐるみの彼・彼女らにすっかり魅了されてしまった。
何度 「この中には訓練された人間が入っているんや!」と自分に
言い聞かせても、どうしても愛らしい生き物に見えてしまうのである。

その後シアターに入ってみたが、娘は、人魚の劇に魔女が出てきた
のが相当恐ろしかったらしく、号泣。アトラクションもちょっとスピードが
速いと 「もう降りる~」 を連呼。
しかし、列車や蒸気船に乗ったり、お友達と園内を走り回ったり
するのはとても楽しかった様子。
走り回る娘たちを見失わないよう、母たちは必死だったが。

朝10時から夕方6時まで、みっちり遊んだ。園内にいる服務員
さんはみな感じがよく、掃除も行き届いているため、非常に快適
だった。それになんといっても、そこここにいるキャラクターたちが
かわいらしい。
帰り際、船に乗って手を振るキャラクターたちを目撃したときは、
娘と一緒に「ミッキーさ~ん!ミニーさ~ん!」 と手を振って
しまった。

ディズニーは、なるほど夢の国であった。


その晩、娘と一緒にお風呂に入りながら
「楽しかった?」
とたずねると、
「楽しかった!」
それから小さな声で
「でも、疲れた・・・」
うん。母もそうだった。
[PR]
by jiubao | 2008-04-16 15:02 | 育児