<   2006年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


外れてしまった詰め物を戻すべく、歯医者に行った。
娘がいるので、無料託児室のある歯医者を選ぶ。

託児室に娘を座らせると、とたんに不安そうな顔をする。
「大丈夫だからね~」と後ろ髪を引かれつつも託児室を
後にし、歯の治療。

なんと、詰め物の下が虫歯になっていた。
次回から治療することにし、今回はとりあえず詰め物を
かぶせておくことに。

会計を済ませ、託児室に娘を迎えに行くと、予想通り
大泣きしていた。
私が抱っこしてあげると、顔を真っ赤にして泣いていた
のがヒックヒックとしゃくりあげるようになり、まもなく
泣き止んだ。しばらくすると、寝息まで立て始めた。

歯医者に通うのはイヤなのだが、私に抱っこされて
安心する娘を見るのはちょっと嬉しい。
[PR]
by jiubao | 2006-06-28 14:55 | 雑記

葛西臨海水族園に行った。

生後7ヶ月では魚を見ても嬉しくあるまいと思ったが、案外、娘は
熱帯魚のようなきらびやかな魚はじっと見ている。
もっとも、ゆらゆらと揺れる海草や、水槽内のあぶくやライトのほうが
彼女のお気に召したようであるが。

私は入ってすぐに疲れてしまい、夫に娘を任せてだらだらと
歩いていた。水槽の前でやたら写真やビデオを撮っている集団
がいるので、「なんじゃあのはた迷惑な人々は」 と近づいて
見ると、外国人の集団であった。
魚が珍しいのか何なのか、真剣な表情で写真を撮り続けている。
そんな彼らを私は写真に収めたかった。

水族園を出てヤレヤレと和んでいたら、しゃがんでタバコを
吸っているカップル発見。まだ若く、身なりもきちんとしているのに
2人ともしゃがんでタバコ。しかも男性はメロンソーダなんて
かわいいものを飲みながらタバコ。

魚もさることながら、人間の生態もなかなか面白いと思った。
[PR]
by jiubao | 2006-06-25 19:03 | 育児

娘の顔に赤いぷつぷつができてなかなか消えないので
皮膚科に行った。
近所の総合病院に行ったので、待ち時間が長い。
1時間ほど待って診察。結果、単なるにきびであった。
一応塗り薬を出しておきましょうといわれ、薬の出るのを
待っていたらこれがまた長い。待てど暮らせど薬が
出ない。

疲れてきたので、売店で飲み物とキャラメル購入。
キャラメルはレジ横にあったのを思わず買ってしまった。

いすに座り、キャラメルを食べるやいなや、「ゴリッ」 と
いう懐かしい音と衝撃が(2002年11月11日)。

取り出してみたら、案の定、歯の詰め物であった。
「と~れ~た~」 と思わず声が出た。ぎょっとした表情で
こちらを見る隣のオバチャン。
ションボリとティッシュに銀歯を包み、かばんにしまう私。
薬なんてもうええわ、と一瞬投げやりになるが一応もらい、
うなだれて帰宅。

今度は歯医者に行かねばならない。
なんだか最近病院にばかり行っている気がする。
[PR]
by jiubao | 2006-06-23 19:00 | 雑記

「W杯、ブラジルに勝つにはどうすればよいか」 を夫と話していた。

私が 「ジーコに選手として出てもらおう!」 と言うと、夫、

「それより、100億くらい積んで ロナウジーニョ に日本チームに
入ってもらうほうがいいよ。日本に住まなくても良いからって言って」

なるほど~。電通に出してもらえばいいよね。なんて言ってると、夫
にわかに神妙な面持ちになり、

「ロナウジーニョの“ニョ”はやっぱり“女”かなあ」

と、日本名を考え始めた。

「“ジー”は“示威”だよね。“ロ”は“露”として・・・“ナウ”は・・・
やっぱり“今”かな!」

「えっ、そこだけ意訳?」

「そう。中国の“スターバックス”が“星巴克”であるように、意訳と
音訳を混ぜるの」

露今示威女、こんな名前でよければ日本チームに来てください。
[PR]
by jiubao | 2006-06-21 14:48 | 雑記

友達が子どもをつれて遊びに来てくれた。
彼女の子は、うちの娘と同じ月齢(7ヶ月)の男の子。

その子は、「ぶぶぶぶぶ~」と唇を鳴らすのがブームらしく、
派手に唾液を飛ばしつつ、「ぶぶぶぶぶ~」をやっている。
さらに盛んに手足を動かし、「アーッアーッ!」 と元気で
張りのある声を上げたりもする。

一方娘は彼の正面に座り、ポカーンとして唾液を浴びている。
かと思えば、ぐにゃりと体を前に倒し、ストレッチしながら
「マンマンマ~」 とかわいい声を発したり。

あまりに対照的なので、母親二人で感動していた。
赤ん坊は男女ともみな同じようなものかと思っていたが、
実はまったく違うのであった。
[PR]
by jiubao | 2006-06-20 22:10 | 育児

娘には普段からよく話しかける。
「皿洗いするから待っててね」 「ご飯食べようね」 
「村上世彰さんって欽ちゃんに似てるね」など、家の中では
もちろん、家の外でも、犬を見れば 「かわいいワンちゃんだね」
 きれいな女性がいれば 「きれいだね~。日本の宝だね」
と娘に話しかける。

話しかけるのが当たり前になっているので、周囲に人が
いようがいまいが話しかける。

しゃがんでタバコを吸っているオバチャンを見たら
「ああなっちゃいけないよ~」
スーパーの入り口に貼ってある広告を見て
「特価っていうけど、いつもどおりの値段やんね~」

言ってしまってからハッとし、「聞こえてないよな・・・」 と
オバチャンの方を窺ったり、近くに店員や客がいないか
キョロキョロしたりする。

近頃物騒なので、口が災いして刺されないように注意
しなければいけない。
[PR]
by jiubao | 2006-06-16 00:38 | 育児

巷で話題の 『ダ・ヴィンチコード』 を文庫で読んでみた。
読み始めは、訳本特有の日本語表現に少しイライラしたが、
慣れてくると面白い。

西洋の歴史や美術、宗教に関する膨大なウンチクが詰め込まれ
ている上、ストーリーがハリウッド映画さながら(実際に映画化
されたが)にスリリングなので、夢中になる。

読んでいると、娘がコロコロと転がってきて、カバーなどをしゃぶるが、
かまわず読んだ。
売れるにはワケがあるものだ。
[PR]
by jiubao | 2006-06-14 13:11 | 雑記

足の裏に突如ほくろが出現した。
数年前、大学院の先輩が足の裏のほくろを取る手術を
していたのを思い出し、皮膚科に行ってみた。

皮膚科では、私の足の裏なぞ見せるのが憚られるほど
若く美しい女医さんが担当してくださった。

ほくろを見て、 「小さいですね~」 の第一声。
足の裏のほくろは悪性化しやすく、日本人の皮膚がんは
足の裏にできるものが多いらしい。だから、予防のために
手術で取ってしまうことが多いのだが、私の場合は余りに
小さいため、わざわざ取る必要はないでしょうとのこと。

万が一大きくなったら取りましょうねと言われた。
30分の手術で取れるらしい。抜糸まで2週間ほどかかるが、
入院の必要もないとか。

あんなにきれいな女医さんがいるなら、入院して取って
貰ってもいいわあ。などと、取る必要がないと言われたにも
かかわらず思った私は、すでにオバチャンであろうか。
[PR]
by jiubao | 2006-06-12 13:03 | 雑記

赤ん坊は、当然ながらマナーを身につけていない。
そのことは十分承知しているのだが、最近度肝を抜かれる
ことが多い。

離乳食をスプーンで与えていると、いきなりスプーンの先端
部分(粥の乗っている部分)をわしづかみにし、振り回し始める。
辺りには粥が飛び散り、私はティッシュをもって右往左往。
とりあえず目に付くところに付いた粥は拭き取り、さて冷めない
うちに粥を、と思って一口含ませたとたんにブブブとウンチの音。
あああ~と慌てて隣室に移動させ、オムツを取り替えようとすると、
娘は汚れたお尻のまま畳の上を転がっていく。
真っ青になって娘を捕まえ、押さえつけて新しいオムツをつけ、
畳を拭いていたらすっかり粥は冷めている。

首が据わらないうちは、首が早く据わらないかな~と思い、
首が据わると、早く寝返りうたないかな~と思い、寝返りを打ち
はじめると早くお座りできるようにならないかな~と思っていたが、
こうまで動き回られると、首も据わらずじっと布団に仰臥していた
ころが懐かしくなる。
[PR]
by jiubao | 2006-06-10 20:55 | 育児