<   2006年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧


ベランダで明るい色の花を育てたいと思い、花屋に行ってみた。
春らしく、色とりどりの鉢植えが売られている。

その中でも黄色のかわいらしい花の鉢が目を引いた。
プレートに書かれた花の名前を見、店員さんに質問してみる。

「このエニツダって、育てやすいですか?」
「はい。」
「植え替えは必要ですか?」
「いえ。この鉢で十分ですよ。特に植え替えは必要ありません」
「じゃあ、このエニツダください」
「はい。エニシダ780円です」
「!」


「エニツダ」ではなく「エニシダ」だった。
プレートの「シ」を「ツ」と誤読してしまったのだ。
いよいよカタカナさえも満足に読めなくなってきたようだ。
[PR]
by jiubao | 2006-03-29 23:22 | 雑記

夫の友達夫妻が遊びに来てくれた。
その夫婦には娘と同じくらいの月齢の赤ちゃんがいるので、
揃ってベビーカーを押し、散歩に出た。

その夫妻は二人とも関西出身なので、関西弁を話す。
なので、私も方言丸出しで話すことができる。

友人 「こないだなか卯で1000円つこてん」
私  「ほんまに~?!」
友人 「授乳してたら、むっちゃお腹空くやろ?」
私  「まあなあ。私も一気に食パン3枚とか食べるようになったもんなあ」

こんなちょっとした会話も、標準語だと大変だ。

「この間、なか卯で1000円使っちゃった」
「ほんとに~?!」
「授乳してるとさあ、すごくお腹空くでしょ?」
「そうねえ。私も食パン3枚くらい食べたことあるでぇ ァワワワワ」

私の標準語力(?)では、最後の一言を適切に表現することが
できない。

東京に住んでいるといっても、大半が地方出身者なのだから
気にせず方言で喋ってもいいかもしれない。だが、気心が知れる
までは、なかなか方言では喋りづらいものである。

久しぶりに心行くまで方言を使い、非常に気持ちがよかった。
同時に、標準語のみで喋ることが現時点では非常に難しく、
ストレスを伴うことに気づき、少しブルーにもなった。
[PR]
by jiubao | 2006-03-26 19:18 | 育児

自治体が主催する離乳食教室に行ってみた。
大勢の母子が集まっている。全部で30組ほどはいるだろうか。

いろんな母親がいるが、外見からだいたい3種類に大別できる。
ズボンにスニーカー、あるいはローヒールという地味系。
スカートにハイヒール、ついでに編みタイツという派手系。
地味とも派手とも言いがたいヤンキー系。
地味系が6割(私はこれに入る)、派手系が3割、ヤンキー系1割。

観察していて面白いのは、もちろんヤンキー系。
会場に入り、離乳食の説明が始まったにもかかわらず、彼女らは
私語をやめない。
ついつい聞いてしまう。

「いつ結婚したの?」

どうやら、何年かぶりに偶然出会った友達同士のようである。

「去年の8月~。で、11月にこの子産んだの~」
「え?じゃあ、結婚したときはもう妊娠してたんだ~」
「そう。できちゃった結婚。」

いきなり衝撃の事実。

「その子、なんて名前?」
「ハルナっていうの。“ハル”に、漢字の“ナ”」

耳を疑い、振り返りそうになった。
漢字の“ナ”っていっぱいあるぞ!
ついでにいえば“ハル”の具体的な説明もないぞ!

「ふ~ん。そうなんだぁ」

そうなんだって、アンタちょっと!納得できるの?

ヤンキーの会話、初めて間近で聞いたが最高に楽しかった。
[PR]
by jiubao | 2006-03-25 00:31 | 育児

最近強風の日が多い。
先日などは、前進するのが困難なほどの風が吹いていた。

買い物帰り、ベビーカーを押しながら風に向かってウンセウンセと
歩いていると、後ろに人の気配が。
振り返ってみると、見知らないおばあちゃんがいた。

シワシワのおばあちゃんで、ニット帽をかぶり、背を丸め、私の
後ろにぴったりついて歩いている。
怪訝な顔をして見たにもかかわらず、おばあちゃんはしらっとした
顔で私を風除けにして歩きつづけた。

どこまでついてくるんだろう と思っていたら、バスに乗るつもりだった
らしく、バス停に着いたところで背を伸ばし、スタスタと離れていった。

さすが戦中戦後を生き抜いた世代は違う、と心の中で舌を巻いた。
[PR]
by jiubao | 2006-03-20 11:31 | 雑記

確定申告に行った。
国税庁のHPで書類を作成し、娘を連れて管轄の税務署へ。

税務署はごった返し、殺気立っていた。
予期していたこととはいえ、驚く。
待ち時間はたっぷりあったので、その間に周囲の人を観察。

一番多いのは、お年寄り。医療費控除の還付申告に来ている
のだろうか。
次に多いのは、私と同様、赤ちゃんを連れた女性。
彼女らもきっと医療費控除の還付申告だろう。

だが、税務署がごった返しているのは、こういった書類提出に来る
人たちだけのためではない。

「医療費控除還付って、医療費が10万円に満たなくても申請できる
って聞いたんですけど~」と、根も葉もないウワサを真に受けてやって
くる人、道を尋ねに来る人(!)などが少なくない。しかも、そういう人に
限って出入り口で長居をするのである。なぜだ。

そんな人たちにもきちんと対応している税務署職員を見て、
「働くって大変だなぁ」 とつくづく思った。
[PR]
by jiubao | 2006-03-16 18:24 | 雑記

娘の首がすわったようだ。
まだ少しぐらぐらするが、腰さえしっかり抱けば自分で
上体を起こしていられるようになった。
これで世話がずいぶん楽になった。

さらに、最近は唇音を発し始めた。
泣きながら、「ゥモゥン~、ゥモゥン~」と何かを訴える姿は
かわいらしく、ただうっとりと見守ってしまう。
うっとりしすぎて対応するのを忘れると、業を煮やし「ぎゃー!」 と
号泣し始めるので、注意が必要だ。
[PR]
by jiubao | 2006-03-14 18:41 | 育児


ミントが繁茂してきたので、嬉しくてしげしげと眺めていたら
茎に点々と黒い小さな虫がついているのを発見。

気持ち悪いのをこらえつつ、虫がついている株をすべて引っこ
抜いたら、一株しか残らなかった。

この一株もいつまで持ちこたえられるか分からない。
ミントの栽培はきっと簡単だと侮っていたらえらい目にあった。
[PR]
by jiubao | 2006-03-13 19:27 | 雑記

指導教官から、上海博物館蔵戦国楚竹書の第五分冊が
2月21日ごろに大陸で出版されたらしいと聞いた。

第五分冊には『墨子』・『管子』の内容と合致する記述が含まれて
いるらしい。

ここ数ヶ月、子育てに夢中になっていたが、少しづつでも
研究を再開しないと、と少し焦りはじめた。
[PR]

3~4ヶ月検診に行ってきた。
身体測定・医師による診察・BCG接種。さらに保健婦さん等に
よる育児の相談、栄養相談と続く。

体重約7kg、身長61cmと、娘は標準体型。
だが、ほかの赤ちゃんと比べて見た目はかなりでっぷりとしており、
よそのお母さんから 「おおきいですね~」 と声をかけられるほど。

赤ちゃんを観察していると、十人十色とはよく言ったもので、実に
いろんな子がいる。
ガラガラをはなさず、ずーっとガッツンガッツン振っている子、
お母さんの胸をこぶしで叩き続ける子、泣きっぱなしの子などなど。
娘は静かにして、目だけキョロキョロさせていた。

BCG接種は、意外と痛そうでかわいそうだった。
お医者が小さな剣山状のものを娘の腕にグリッと押し込むのを見、
「うちの子に何すんのよ!」 と言いたくなった。
何すんのよって、BCGなのだが。

そうこうしているうちに時間は経ち、娘はおなかがすいてきた模様。
私の服をチュパチュパと吸いはじめた。
ほかの赤ちゃんも総じておなかがすいてきたらしく、授乳室に入って
いく親子が多い。

待ち時間が長くてくたびれたが、いろんなお母さん方と話ができ、
娘と月齢がほぼ同じ赤ちゃんを多く見られたのでかなり面白かった。
[PR]
by jiubao | 2006-03-08 16:16 | 育児

近所にコンビニができた。
開店記念に、トイレットペーパーを無料配布しているというので
娘の散歩ついでに行ってみた。

店内は広々としていて、ベビーカーを押していても窮屈な感じは
しない。うれしくてウロウロしていたら、清涼飲料水に目が留まった。

見たことのない商品がずらりと並んでいる。
たかだか3~4ヶ月のうちに、よくもまあこれほどの新商品が出た
ものだと思う。清涼飲料水の販売は激戦なんだなあ、と妙に感心。

何も買わずに無料のトイレットペーパーだけ貰って出るのも申し訳
ないので、ファッション雑誌を購入。
家に帰って雑誌を見た後娘と一緒に昼寝をしたら、服やら化粧品
やら、買い物しまくっている夢を見た。

雑誌を買っただけなのに、ものすごく満足した。
[PR]
by jiubao | 2006-03-06 16:14 | 雑記