カテゴリ:雑記( 277 )


娘と英語リトミックに通っていたとき、歌詞の分からない
歌があったので調べた。

Old MacDonald had a farm, E-I-E-I-O
And on this farm he had a duck E-I-E-I-O
With a quack-quack here, quack-quack there,
Here a quack, there a quack, everywhere a quack-quack;
Old MacDonald had a farm, E-I-E-I-O

マクドナルド爺さん所有の農場の歌とは知らなかった。
嬉しくなって歌う。

おーるまくだーなーだーはーだーふぁー、イーアイイアーアイオー♪
あんどおんでぃすふぁーひーはーだーだー、イーアイイーアイオー♪♪

どんどん嬉しくなり何度も歌う。
クワックワックワッと大声で歌っているところで
夫にうるさいといわれようやくわれに返る。

「学びて時にこれを習う、またよろこばしからずや」

孔子さまっていいこと言うわあ~
[PR]
by jiubao | 2009-02-26 00:16 | 雑記

公園で娘を遊ばせていると、娘のおともだちが
「おおきいおねえちゃん、おおきいおねえちゃん」
と、私の袖を引く。

娘を産んでから一人称が 「おばちゃん」 になった
ものの、心中では 「“おばちゃん”と呼ばれるにはまだ
早いはず」 と思っていた私。
「きっと、妊婦である私のことを“(お腹の)おおきい
おねえちゃん”と言ってるんだわ~」
と、満面の笑みで付いて行った。
すると、顔見知りの小学生の女子児童のところに連れて
行かれた。

どうやら、小学生の彼女らに構ってもらいたいものの、
自分から声はかけにくかったので、彼女らと親しい私を引っ
張って行った様子。
「おおきいお姉ちゃん」とは、女子児童のことを指していた
のである。


ふっ。オバチャンを喜ばせるのは、カンタンなもんやで~。
[PR]
by jiubao | 2008-11-22 00:19 | 雑記

先日、家の中でゴキブリを発見した。
東京に越してきて初めてゴキブリを見たのだが、
仙台のゴキより大きいものの、和歌山・高知のゴキより
小さく色も薄い。動きも遅い。
私はそんな可憐なゴキを侮って鼻で笑っていたのだが、
関東平野で生まれ育った夫は真っ青。バルサンをたいた。

1匹いたら10匹いると思えのことばどおり、バルサンしたら
エアコンの下を中心に、6匹もの死骸が。
どうやらエアコンの中に巣があった様子。
侮っていた私もさすがに顔色を失った。
この夏、うちはゴキ風で涼んでいたのか・・・。

念のため、コンバットを要所要所に配置。
もう出ませんように。
[PR]
by jiubao | 2008-11-06 00:53 | 雑記

十五夜なので、餅を作った。
上新粉に湯をチビリチビリと足しながら捏ねて軟らかくした
ものを蒸す。
蒸し時間が分からないので、テキトーに15分くらい蒸した
ところで濡れ布巾に取り、捏ねたらあきらかに硬い。
蒸し器に戻して蒸すこと20分。蒸すことに飽きたので、
もうええわいとまた布巾に包んで捏ねる。
ちぎって丸め、あんをかけて食べる。

かたくてモッソモソ。

みたらしにして食べてみるが、変わりなし。

大人が眉間にしわを寄せ、無言で顎を動かし続ける一方、
捏ねたり丸めたりを「お手伝い」した娘はとても嬉しそうに
食べる。そして、「おいしいね」と、驚愕の感想を述べる。

これが「食育」か。子どもにとっては、食べ物の味そのもの
よりも、作る過程が大事なのねと思った。


ちなみに、上新粉の原材料に「国産うるち米」とあったが、
どこまで信用していいものやら。
事故米入ってませんように。
[PR]
by jiubao | 2008-09-14 00:26 | 雑記

江戸東京博物館で開催中の「書の名宝展」に行った。
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/kikaku/page/2008/0715/200807.html
「蘭亭序」が来ていることで有名。
私は黄庭堅と米ふつが好きなので、それを見るだけでも感動して
涙が出そう。
娘はといえば、案の定、書にはまったく興味を示さなかった。
常設展のほうが楽しかった様子。広大なスペースに江戸の日本橋や
長屋が再現されていて、子供もおとなも楽しめる。

結局、「書の名宝展」を見るのは30分くらいで切り上げさせられ、
1時間以上常設展の展示室で遊んだ。
おかげで娘はクタクタに疲れ、夕食をモリモリ食べてあっという間に
眠った。
こんな素敵な博物館、家の近くにあればもっと嬉しいのに・・・。
[PR]
by jiubao | 2008-08-16 02:10 | 雑記

娘に、「ママのおなかに何がいるか知ってる?」と訊くと、
「ねずみのあかちゃん!」との返事。
「失礼な!なんでネズミなのよ!人間のあかちゃんだよ!」
と思わず腹を立てた。

このはなしを義兄にしたところ、
「子年のあかちゃんだからちゃう?」
おぉ~お。干支のことを言っていたのか!・・・え?ほんとか?!

でも、母はそれでいっぺんに機嫌が直り、今や自分の腹を指し、
「ここにね、ネズミの赤ちゃんがいるのよ!」と満面の笑み。
[PR]
by jiubao | 2008-08-05 13:41 | 雑記

娘が私の証明写真を見つけ出し、「これママ?」と
不思議そうに見ている。
かれこれ7~8年くらい前に撮った証明写真。
今とはやっぱり違うかしら?いや、そんなには変わって
ないはず!と自分に言い聞かせていると、

「この写真、わっかいな~。こどもには経年変化って
まだわからないよね~」と夫。

夫は気を遣って「老化」ということばを避けたのだろうが、
経年変化て。私は壁紙か!
[PR]
by jiubao | 2008-07-26 23:23 | 雑記

北京留学時代の先輩Y氏が結婚し、その披露パーティーに参加。
2歳上という奥様は、イキイキとして素敵な方。バンドのボーカル
をやってらして、パーティーの席上では、「未来予想図」と「ディープ
パープル」の2曲を披露。新郎は「乾杯」を熱唱。

「未来予想図」で思わず涙ぐんでしまう。
「乾杯」では花嫁の涙を見てもらい泣きしそうに。

幸せなカップルを見るとこちらまで幸せな気分になる。

帰り道、娘は「お姫様にもらったお菓子たべる~」と、
いただいたボーロをほおばっていた。
2歳児にとっては、花嫁はお姫様。納得。

娘もお姫様になる日がくるのだろうか。来ないと困るが、あまり
早くその日が来ると母は悲しい。
思わず真剣に お嫁に行くのは26才を過ぎてからにしてね!と
お願いしてしまった。
[PR]
by jiubao | 2008-06-14 22:37 | 雑記

姉が男児を出産した。
予定日より8日早いものの、2600gの元気な男の子。
電話したら、姉の声はいつもよりずっと穏やかで、
ああ、ママになったんだな~と、感慨深い。
3日間、5分間隔の陣痛が続き、体力の限界での出産
だったらしい。

お疲れ様。そして、本当におめでとう。
育児たいへんだけど、がんばりすぎずぼちぼちでね~。
[PR]
by jiubao | 2008-06-08 22:31 | 雑記

今回のメニューは、菜の花と筍のボンゴレ・魚介と野菜の衣揚げ、
それにイチゴとチーズのデザート。

回を重ねるうちに、教室のメンバーの性格がなんとなく把握でき
はじめ、互いの動作もスムーズになった。
料理教室なので、生徒は料理好きばかりかと思いきや、そうでも
ないことが判明。料理に興味はあるが、あまり凝ったものは作った
ことがないという手合いも多い。つまり私と同じような人が多いの
である。更に私同様、ウッカリ者も多いので、お互いにフォロー
しつつ作る。

b0004958_048163.jpg


今回は、衣揚げが一番おいしかった。
具は蛸・海老・ズッキーニ・パプリカ・オリーブ(種あり)。
ポイントは、衣にパルメザンチーズを混ぜる点。チーズの風味が
加わるだけで、普通の揚げ物が洒落たものに変身し、ずいぶん
おいしい。

料理教室の良いところは、料理の作り方はもちろん、普段の料理が
おいしくなる一手間を教えてもらえるところにもあると思った。
[PR]
by jiubao | 2008-03-23 00:37 | 雑記