2005年 06月 26日 ( 1 )


電車の中では主に新書を読んでいたが、ついに小説を読み始めた。
現在は 司馬遼太郎 『覇王の家』 を読んでいる。
これが面白くて夢中になってしまう。

なので、ハッと気づいたらもう降車駅でアタフタと降りることが多い。
降車駅と間違えて、手前の駅で降りてしまうことはもっと多い。
[PR]