十五夜


十五夜なので、餅を作った。
上新粉に湯をチビリチビリと足しながら捏ねて軟らかくした
ものを蒸す。
蒸し時間が分からないので、テキトーに15分くらい蒸した
ところで濡れ布巾に取り、捏ねたらあきらかに硬い。
蒸し器に戻して蒸すこと20分。蒸すことに飽きたので、
もうええわいとまた布巾に包んで捏ねる。
ちぎって丸め、あんをかけて食べる。

かたくてモッソモソ。

みたらしにして食べてみるが、変わりなし。

大人が眉間にしわを寄せ、無言で顎を動かし続ける一方、
捏ねたり丸めたりを「お手伝い」した娘はとても嬉しそうに
食べる。そして、「おいしいね」と、驚愕の感想を述べる。

これが「食育」か。子どもにとっては、食べ物の味そのもの
よりも、作る過程が大事なのねと思った。


ちなみに、上新粉の原材料に「国産うるち米」とあったが、
どこまで信用していいものやら。
事故米入ってませんように。
[PR]
by jiubao | 2008-09-14 00:26 | 雑記