ふなばしアンデルセン公園


ふなばしアンデルセン公園に行った。
http://www.park-funabashi.or.jp/and/index2.htm

アンデルセン公園は、4つのゾーンから成る。
アスレチック等のあるワンパク王国、アンデルセンの故郷である
デンマークの田園風景を再現したメルヘンの丘、自然環境を
学べる自然体験ゾーン、版画や木工などを体験できる子ども
美術館。

私は子ども美術館に興味があったのだが、娘にはまだ早いので
まっすぐワンパク王国へ。
たくさんの巨大滑り台やアスレチックがあり、娘は目を輝かせて
いる。ひとつの遊具で遊びながらも、目はもう次にどの遊具で
遊ぼうかと物色しているといった風で、落ち着きのないことこの上
ない。

ひとしきり遊具で遊んだら、水場へ。まさか水に入るとは思って
いなかったので、水着は準備していなかった。すでに水場には
子供とその保護者がひしめきあっており、水が濁って見える。
しかし娘はシャツとパンツ姿でどんどん入って行き、夫がそれを
追いかける。30分後、びしょぬれになって戻ってきた。念のために
着替えを一式用意して行って正解であった。

少し疲れた様子だったので、童話館へ。童話館には、絵本などが
たくさんおいてある。入るなり、娘が「お馬さんの絵本がよみたい」
というので、「スーホの白い馬」を読んでやる。アンデルセン公園に
きて、モンゴルの童話を真っ先に読むのもどうかと思ったが。
読んでいて、泣いてしまった。切ない。内容がやはり難しかったのか、
泣く私の脇で娘はきょとんとしていた。

完全燃焼した娘、帰りの車中ではグーグー眠っていた。
自宅からは車で1.5時間ほどなので、たまの休みにちょっと
でかけるには最適の遊び場だと思った。
[PR]
by jiubao | 2008-07-20 22:07 | 育児