空腹


昼前、娘と一緒に近所のスーパーにおでかけ。
帰り道、娘はしゃがみこんでアリの巣を棒でつつき続け、
動こうとしない。
何を言っても動こうとしないので、抱き上げると

「あるくの~!」

と言って泣く。どうやらお腹がすいたらしい。
空腹を満たすためには一刻も早く帰宅し、食事を摂るのが
一番だと諭すのだが、そんな道理を説いても娘はだだをこねる
ばかり。

暴れる娘を抱き、家の近くの公園まで運んだ。
しかし、相変わらず歩こうとせず泣き続ける娘。再び抱こうと
すると頑強に抵抗するので、ちょっと離れて物陰から観察。
私の姿が見えなくなれば、だだこねるのをやめて歩いてくる
かと予想したのである。

だが娘はなかなか泣き止まない。
すると、すぐに近くの工事現場からおじさんがやってきて
仲間を呼び、「母親はどこだ」的な会話をしている。

やおら物陰から飛び出し、謝る私。
そして娘をねじ伏せ家まで運んだ。

もー!恥ずかしいったらありゃしない!プンプン

しかし、泣く子を心配して駆けつけてくれる人が複数
いるなんて、まだまだ世の中も捨てたものではないと思った。
[PR]
by jiubao | 2008-04-22 01:07 | 育児