娘を風呂に入れていて、ふと自分の手を見た。
そしてなんとなく、「ごはんを作る手」になったなぁと
感じた。

娘が生まれるまでは、主に辞書を引いたり、本を読んだり、
パソコンで文章を打ったりすることに使う手だった。

だが、今はそのようなことに手を使うことはほとんどなく、
料理したり、掃除・洗濯したり、娘を着替えさせたり、
オムツを替えたりすることに使うのがもっぱらだ。

自分のために使う手から、家族のために使う手になった
のか~。と思ったら、知らず知らずのうち笑顔になっていた。
こんな手も悪くない。
[PR]
by jiubao | 2007-05-18 23:18 | 雑記