「ここ」記念日


入浴中、湯船につかりながら娘に話しかけていたら、
突然、目を輝かせて「ココ!」と言いはじめた。

風呂桶のあちこちに小さな指を押し当てては、
「ココ!ココ!」
と、ぴかぴかの笑顔で叫んでいる。

「ココ」という音が、 「指で示せる近い場所」を指し
ていることを、はじめて悟ったのであろう。
娘は湯を叩いたりして大はしゃぎしている。

きっと、ヘレン・ケラーが、「ウオーター」という単語と、
それが指す「水」という意味の結びつきを悟ったときは
こんな状態だっただろうと思われるほどの感動と喜び
をもって、娘は「ココ」を連呼していた(と思う)。

そして私は、サリヴァン先生さながら、涙をうかべて
「そう!ココだよ!」と娘に頬擦りしていた。

子がひとつ小さな階段を上るたび、親は大騒ぎである。
[PR]
by jiubao | 2007-03-04 23:25 | 育児