謹賀新年


年末年始は実家に帰省していた。
2年ぶりの帰省で、実家で姉夫婦にも会った。

話に興じていると、家族の会話上の役割が再確認
される。
姉が話の牽引役、私と父が合いの手を入れ、母は
家事をしながら会話に参加するため、常に要点を
聞き漏らすのである。

姉「アンタ(私のこと)、オカアチャンに似てきたな~」

私「そやろ~。自分でも思うもん。鏡見てびっくりするわ」

父「ショックのあまり死にたなるやろ」

母「なんてなんて?」

姉「私はオトウチャンにそっくりでイヤになるわ」

私「うん。年々似てくるなあ」

父「誇りに思うやろ」

母「なんてなんて?」

延々このような会話が繰り広げられているわけである。
いつからこうなったのか。

例示した会話の中にもあるように、母にそっくりになって
きた私ではあるが、人の話は聞き漏らさないようにしよう
と思う。

はからずして今年の目標が今決まった。
[PR]
by jiubao | 2007-01-05 14:02 | 雑記