銀歯


娘の顔に赤いぷつぷつができてなかなか消えないので
皮膚科に行った。
近所の総合病院に行ったので、待ち時間が長い。
1時間ほど待って診察。結果、単なるにきびであった。
一応塗り薬を出しておきましょうといわれ、薬の出るのを
待っていたらこれがまた長い。待てど暮らせど薬が
出ない。

疲れてきたので、売店で飲み物とキャラメル購入。
キャラメルはレジ横にあったのを思わず買ってしまった。

いすに座り、キャラメルを食べるやいなや、「ゴリッ」 と
いう懐かしい音と衝撃が(2002年11月11日)。

取り出してみたら、案の定、歯の詰め物であった。
「と~れ~た~」 と思わず声が出た。ぎょっとした表情で
こちらを見る隣のオバチャン。
ションボリとティッシュに銀歯を包み、かばんにしまう私。
薬なんてもうええわ、と一瞬投げやりになるが一応もらい、
うなだれて帰宅。

今度は歯医者に行かねばならない。
なんだか最近病院にばかり行っている気がする。
[PR]
by jiubao | 2006-06-23 19:00 | 雑記