ダ・ヴィンチコード


巷で話題の 『ダ・ヴィンチコード』 を文庫で読んでみた。
読み始めは、訳本特有の日本語表現に少しイライラしたが、
慣れてくると面白い。

西洋の歴史や美術、宗教に関する膨大なウンチクが詰め込まれ
ている上、ストーリーがハリウッド映画さながら(実際に映画化
されたが)にスリリングなので、夢中になる。

読んでいると、娘がコロコロと転がってきて、カバーなどをしゃぶるが、
かまわず読んだ。
売れるにはワケがあるものだ。
[PR]
by jiubao | 2006-06-14 13:11 | 雑記