ヘンなおじさん


今年は例年より日照時間が少ないらしい。
そのせいか、たまに晴れるとヘンなおじさん方が出現する。

娘を連れて気持ちよく散歩していると、自転車に乗ったこ汚い
おじさんが私を見ながら近づいてきた。
「☆※●△〓~!」
おじさん、意味不明の言語を発して去っていった。

そういえば、私は昔からヘンな電波を受信しているおじさんから
声をかけられることが多かった。

高知にいたころは、アーケード街を自転車で疾走する奇妙な
アイラブユーおじさん(通称)から何度も愛を告白され、これまた
アーケード街では有名人の帯屋町太郎(通称)に旧知の仲で
あるかのように「ヨッ」と肩を叩かれた。
あまりに頻繁に声をかけてくるので、こちらも笑顔で挨拶する
ようになってしまったほど。

仙台では、見知らぬおじさんに「あ、握手してください!」と手を
差し出され、また、「お前、金太郎とは別れたのか」と尋ねられた。
金太郎ってだれじゃ?

はたまた京都では「人生とは・・・人生とは~」を連呼するおじさん
にまとわりつかれた。

よほど私がお人よしに見えるのか何なのか。
このお人よしオーラ(?)が娘に遺伝していないことを願うばかりである。
[PR]
by jiubao | 2006-05-28 14:16 | 雑記