足るを知らず


寝返りを打ち、うつぶせになると周辺にあるものがよく見えるため、
枕元においてある色んなものに手を出していくようになった。

そこで、娘の手の届きそうなところにお気に入りのガラガラ、
おしゃぶり、ぬいぐるみなどを配置してみた。

それを見た娘、早速ガラガラをゲット。
観察していると、がらがらを握ったまま、すぐにおしゃぶりを取りに
移動している。
さらに、おしゃぶりを顎の下に敷いたままぬいぐるみもゲット。

三つとも取り、三つとも口に入れて遊ぼうとして上手くいかず、
ぎゃーと泣きはじめた。

人間とはこんな幼いころから欲深いものかとしみじみ思った。
[PR]
by jiubao | 2006-05-17 13:58 | 育児