紙おむつ比較


新生児用の紙おむつを3種類使ってみた。

パン○ース(以下、パ)
ムー○ー(以下、ム)
メ○ーズ(以下、メ)

の3種類である。

少子化の中戦い抜いてきているだけあり、それぞれの商品に
特徴がある。

パの一番の特徴は薄さ。三つの商品の中でダントツに薄いが、
他の商品と同じくらいの吸収力がある。
また、ギャザーが深いため、ウンチが横漏れしにくい。

ムの特徴はウンチポケット。これでウンチが漏れにくくなっている。
ウンチポケット+ギャザーで、ウンチをダブルブロックしてくれるので
かなり安心感がある。
しかしパに比べてかなり厚手。お尻を拭くとき、指にウンチが付い
てしまう。

メは機能的に最も劣っている気がする。何と言っても、蒸れやすい。
うちの娘はパとムの時は泣かなかった量のオシッコでも、メだと泣く。
厚さはムより若干薄め。

したがって、パとムは甲乙付けがたいものの、機能面で順位をつけ
るならば、

1位 パ
2位 ム
3位 メ

といったところだろう。
しかし、価格などを考慮すると、この順位は変わってくる。

パは価格が高いので有名だが、実際は飛び抜けて高いわけ
ではない。一枚当たり16円ほど。
ムとメは一枚当たり15円くらいなので、大体1~2円の差。
しかし、オムツは大概まとめ買いするので、この僅かな差が
トータル金額にかなり響いてくる。

価格のみのみならず、使用期間もそれぞれ異なる。
パとメは5㎏以下の新生児を対象としているが、ただムのみが
6㎏までとなっている。まとめ買いした場合、長く使える方が
安心なので、この差1㎏は大きい。

価格で順位をつけるならば

1位 ム
2位 パ
3位 メ

となる。
メは機能と価格が見合わないので、またしても最下位。

以上から、総合順位を付けるならば、

1位 ム
2位 パ
3位 メ

だと思う。あくまでも個人的な見解だが。
[PR]
by jiubao | 2005-12-20 14:23 | 育児