中国語の発音


私のバイト先は数ヶ月前に開校したばかりの中国語教室
なので、今まではあまり生徒がいなかった。
だが、3月から4月にかけて順調に生徒が増えつつあるらしい。
お陰で、私もマンツーマンのみだけでなく、今月からは初級の
セミナークラスをも担当するようになった。

現在は2クラス担当している。
一つは自分で発音の基礎から教えるクラス、もう一つは、
中国人の先生が発音を教えていたクラスだ。担当していた
先生が異動したので、私が後を継ぐことになったのである。

この二つのクラスを比較してみて、気づいたことがある。
中国人の先生が教えていたクラスでは、発音がきちんと
教えられていないのだ。

おそらく、中国人の先生だと生徒の発音が違うことは
分かっても、舌をどの位置に置けば良いかとか、口の形を
どう変えるべきかまでを指導することが難しいからだろう。
母国語を喋る場合には、あまり舌の位置や口の形を
意識しないため、仕方がないことではある。

中国語はネイティブである中国人から学ぶ利点のほうが多い
だろうが、そのクラスを担当して以来、初歩の発音に限っては、
あながちそうとも言い切れないと思った。
中国語教室における自分の存在意義が再確認され、ちょっと
ホッとした。
[PR]
by jiubao | 2005-04-15 23:22 | 雑記