ローマ1日目


レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港に迎えに来てくれていた観光会社のバスで
ホテルに向かう。ちなみにバスの乗客8名は、すべて日本の新婚さん。

旧市街は石畳の狭い路地が多い。その上路上駐車も多いので、バスは
ガタガタと揺れ、たまに渋滞に巻き込まれながら進む。
たまに運転手のあんちゃんが町並みの説明などをしているようだが、
全く聞き取れず。

日が暮れるのが早いのか、ホテルに着く頃にはすっかり暗くなっていた。
そこで荷物を置くなり夕食を摂るために外出。
だが、ホテル周辺にめぼしい食堂はない。
唯一発見できた喫茶店めいた店に入り、量り売りのピザを温めて貰う。
店内で食べながらローマ人ウオッチング。

みな、こぎれいな格好をしている。
黒い無地の服を着ている人が圧倒的に多い。
たまに柄物を着ている人がいたが、それは日本人だった。
西欧人というのは毛むくじゃらで体が大きく、声もでかいのかと勝手に
想像していたが、みな余り大きくない体格で、声も小さい。落ち着く。

きょろきょろしながら食べていたら、すっかりピザが冷えてしまっていた。
[PR]
by jiubao | 2004-12-05 17:31 | 雑記